氷のいらないアイスバス

A B O U T

2007年にフランスで開発されたCryo Control(クライオコントロール)のアイスバスは、
持ち運び(ポータブル)および固定型の氷を用いないアイスバスの設計と製造で世界的に有名なブランドになりました。
身体の疲労軽減と痛みの治療のためにスポーツ、イベント、スパ施設等で使用が広がっています。

Cryo Control(クライオコントロール)のアイスバスは、2012年のロンドンオリンピックから、2014 ソチオリンピックおよび2016 リオ・デ・ジャネイロ オリンピック に70以上の代表団とともに参加し使用されました。

私たちCryo Control(クライオコントロール)は、TOKYO 2020 に参加するアスリートの方々を応援しています。